大人になりたきゃ金を積め

ハタチになりました。大人になりたいです。

三ヶ日、あけましておめでとう

15万 2千円あった お年玉

などと冒頭から生々しいカネの話である。ごめんなさい。俳句にしたので許してください。

そもそも私は一般家庭のお年玉相場を存じ上げないのでこの額の多寡については議論しかねるが、単純にまとまったカネとしては大金だろう。若手サラリーマンの手取りくらいはある。苦しめの家計である。

例年我が姉妹ではお年玉は『回収』するものであった。
「おねえちゃん、今年の収率半端ない!」
「ほんとな!やっぱ2日に森さんが来たのが想定外に大きかったけど、もう少し居座ればもうちょい巻けたな〜〜!」
こんな感じ。

ところが今年は違った。
なんというか



重かった。



多分、この記事の読者として想定している方々には周知の事実なのだけれど

不肖やまと、ものすごくバイトに落ちているのだ。

現在9連敗中。次でティーンに突入ですよ信じられねえし信じたくねえ。
サークルのほんわかドジっ子系女子の7連敗を笑っていたあの頃の自分とは目も合わせられないよ。

とにかくそんな有様ですからね。

お金をいくらと貰う度、自分は二ヶ月かけて一銭だって稼げていないのだという事実と向き合わなければならなかった。

「この3千円で履歴者を作ったんだなあ」
とか
「この1万円はあの日短期で稼ぎたかった1万だ、確か面接チキって辞めたよな」
とか

稼げなかった思い出ばかり走馬灯のごとく蘇り、ことごとく私を打ちのめした。

そしてまた、そんな額を賭けてもらえるほど、自分は高尚な人間じゃないと思った。


お金をかけて貰うことは期待されること。
期待とか大げさだけど、でもそういうこと。

自己嫌悪真っ只中の今日
その圧に耐える杖が欲しいと思っている。


でもできれば魔法の杖だったらいいな。
そしたら他人にも力を分けてあげられる。

他人に力をかけられるってのは私なりの大人の条件なのです。



さて、拝啓大人の皆さま。
皆様の魔法に支えられて今年一年闘いたいと思います。何と?もちろん、物欲と。

あけましておめでとうございます

はじめましてやっとくか


11月某日のIPPONグランプリ予選

お題「余計なことを思い出してください」に対するオードリー・若林 正恭の回答が秀逸だった。


磯野貴理子磯野貴理磯野貴理子


天才なんだなと思いましたよいやマジで。

マ!ジ!で!!!

現在、超テレビ過疎村の住人である私も改名当時のことを思い出し腹を抱えて笑った。よくそんなことが、あの場、あの緊張感で出てくるよなあ。


私、一応大学で演劇部と落語研究会を兼部してまして。落研では大喜利とかやるのでやっぱり自分に置き換えてしまいます。


そんな若林さんのエッセイをつい先日読みましたが、これが面白い。その話はまた後日するかもですけど、その中に売れない時代から彼が書いてた『どろだんご日記』というブログの話が出てくるんです。いわく、厨二病全開。番組企画にそのブログの朗読が罰ゲームとしてあがるほどとかなんとか。


だがそれがいいというか、よかったみたいです。今はもう閉鎖されてので過去ログを漁って読むしかないんですけど。


でもエッセイを読んで、ブログの話を聞いて、私も書いてみたいなと思ってしまって。




完全に申し遅れましたが私、やまとです。


一浪後、大学に入ってモラトリアム爆発中、水の底、コミュ力の沼、バイト九連敗中の面接サンドバッグ、どえらい人見知りで10年だってきょどっていられる女の子、です。

長いね!


本来は承認欲求メラメラなのであわや読者増員のため奮闘してしまいかねないのですが、中学来の友だち・A子が読んでくれるらしいので、とりあえずはその子が面白がって読んでくれればいいなと。

そんで私も書いてて楽しければいいなと、そんなテンションで細々旗揚げしようとおもいます。



ブロタイは一昨日誕生日を迎え、20代というめくるめく人生のゴールデンタイムに突入したことから適当に付けました。


意識高い系、あるいはビジネス系だと一瞬でも勘違いしてしまってたらゴメンなさいね。


でもゴロよくない?語呂は大切です。


クリスマス稽古公演の

『うんこ踏み踏みばばふみか.....語呂が良いッ!』

って台詞最高でしたしね。


ちなみに「ばば」は関西弁で「うんこ」のことらしいですよ。


なんて、余計なことを思い出してまった。

やまとでした。


よろしくおねがいしマッソー!(なるべく良い発音)