大人になりたきゃ金を積め

ハタチになりました。大人になりたいです。

はじめましてやっとくか


11月某日のIPPONグランプリ予選

お題「余計なことを思い出してください」に対するオードリー・若林 正恭の回答が秀逸だった。


磯野貴理子磯野貴理磯野貴理子


天才なんだなと思いましたよいやマジで。

マ!ジ!で!!!

現在、超テレビ過疎村の住人である私も改名当時のことを思い出し腹を抱えて笑った。よくそんなことが、あの場、あの緊張感で出てくるよなあ。


私、一応大学で演劇部と落語研究会を兼部してまして。落研では大喜利とかやるのでやっぱり自分に置き換えてしまいます。


そんな若林さんのエッセイをつい先日読みましたが、これが面白い。その話はまた後日するかもですけど、その中に売れない時代から彼が書いてた『どろだんご日記』というブログの話が出てくるんです。いわく、厨二病全開。番組企画にそのブログの朗読が罰ゲームとしてあがるほどとかなんとか。


だがそれがいいというか、よかったみたいです。今はもう閉鎖されてので過去ログを漁って読むしかないんですけど。


でもエッセイを読んで、ブログの話を聞いて、私も書いてみたいなと思ってしまって。




完全に申し遅れましたが私、やまとです。


一浪後、大学に入ってモラトリアム爆発中、水の底、コミュ力の沼、バイト九連敗中の面接サンドバッグ、どえらい人見知りで10年だってきょどっていられる女の子、です。

長いね!


本来は承認欲求メラメラなのであわや読者増員のため奮闘してしまいかねないのですが、中学来の友だち・A子が読んでくれるらしいので、とりあえずはその子が面白がって読んでくれればいいなと。

そんで私も書いてて楽しければいいなと、そんなテンションで細々旗揚げしようとおもいます。



ブロタイは一昨日誕生日を迎え、20代というめくるめく人生のゴールデンタイムに突入したことから適当に付けました。


意識高い系、あるいはビジネス系だと一瞬でも勘違いしてしまってたらゴメンなさいね。


でもゴロよくない?語呂は大切です。


クリスマス稽古公演の

『うんこ踏み踏みばばふみか.....語呂が良いッ!』

って台詞最高でしたしね。


ちなみに「ばば」は関西弁で「うんこ」のことらしいですよ。


なんて、余計なことを思い出してまった。

やまとでした。


よろしくおねがいしマッソー!(なるべく良い発音)